編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

圧電現象

用語の解説

圧電現象とは

(アツデンゲンショウ,Piezoelectric phenomena,)
圧電現象とは、水晶などの結晶材料に圧力が加わることによって電荷が発生する現象のことである。
1880年にフランスの物理学者キューリー兄弟(Pierre Curie, Jacques Curie)によって発見された。 圧電現象では、結晶体に圧力をかけると静電気によって表面に静電気が生じ、帯電した電気がプラスの極とマイナスの極に分極する。 圧電現象で発生した電荷はピエゾ電気などと呼ばれている。 圧源現象は、水晶の他にもリン酸カリウムやチタン酸バリウムなどの物質で発生させることができる。 圧電現象を発生させるために生動された素子は圧電素子と呼ばれ、電子回路の発振回路などに応用されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]