編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「ローカル5G」

業種別ソフト

用語の解説

業種別ソフトとは

(ギョウシュベツソフト,特定業種向ケソフト,業界別ソフト,vertical market software,)
業種別ソフトとは、特定の業種や業態向けに開発された市販ソフトウェアのことである。
業種別ソフトは、多くの企業で経理、給与、財務など処理に用いられる汎用的な業務ソフトとは異なり、運送業や自動車整備業、ホテル業、書店業、牛乳店、塗装業、ガソリンスタンド、葬祭業、スポーツクラブといった特定の業種向けに開発されたもので、各業種特有の処理に対応している。 業種別ソフトは、独自にシステムを構築するよりも低コストで導入でき、ソフト開発会社による構築や運用、保守などのサポートも受けられるため、IT部門や専任スタッフを持たない中小企業で利用されることが多い。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]