編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

疑似アタックテスト

用語の解説

疑似アタックテストとは

(ギジアタックテスト,pseudo attack test,)
疑似アタックテストとは、セキュリティを高めるために行われるテストのひとつである。
セキュリティを専門にしている業者が他のセキュリティ業務と兼ねて行う場合や、システムを保有する企業内部で独自に行う場合などがある。 疑似アタックテストには大きく次の2種類がある。 まず、サーバやネットワークに対して意図的に不正なアクセスを行い、未知のセキュリティホールなどを探す場合と、既に知られているセキュリティホールなどに対して、意図的に不正なアクセスを行い、その対策などを講じるための材料とする場合である。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]