編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

MSO

用語の解説

MSOとは

(エムエスオー,)
MSOとは、ケーブルテレビ局を運営している事業者の中でも、複数のケーブルテレビ局を統括して運営している事業者のことである。
MSOは一般に複数のケーブルテレビ会社に出資し傘下に入れる形態をとる。 ただし、経営支配ではなくグループ化を目的として共同出資などを通じてMSOが設立される場合も珍しくない。 ケーブルテレビが普及率している米国では、1960年代半ばにMSOが登場している。 AT&T社の傘下企業であるTele-Communications社やAOL TimeWarner社などが代表的なMSOとして知られている。 日本においては、1993年にケーブルテレビ事業に対する大幅な規制緩和が行なわれたことによって、同じ事業者が複数の地域でケーブルテレビ事業を展開したり、資本の外国資本を入れたりすることが可能になって以来、MSOが設立され始めた。 中でもケーブルテレビサービス「J:COM」を提供しているジュピターテレコムは、1995年の早期に設立され、2000年にMSOのタイタスコミュニケーションズを子会社化するなどして、日本における代表的なMSOとなっている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]