編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

PatternWeaver for RT-Middleware

株式会社テクノロジックアート 

2007-08-07

ロボット構築のための共通プラットフォーム、RT-Middleware上で動作するRTコンポーネントの設計/開発を強力にサポートする初のUMLツール

製品概要

ロボットの様々な機能要素をRTコンポーネントと呼ばれる部品単位
に分割し、これらを自由に組み合わせて多様なロボットシステムの構築を行
い、コンポーネント・ベースの開発を実現する共通プラットフォーム、「RT
ミドルウエア」に対応したパターンウィーバー、「PatternWeaver for RT-
Middleware」をリリースしました。

「RTミドルウエア」は、独立行政法人 産業技術総合研究所の知能システム
研究部門 タスクインテリジェンス研究グループが開発しています。弊社は、
同グループより技術供与を受けて、「RTミドルウエア」対応初のUMLモデリン
グツールを実現しました。「PatternWeaver for RT-Middleware」が対応して
いる「RTミドルウエア」の最新版「OpenRTM-aist-0.4.0」は、Object
Management Group (OMG)の標準仕様「The Robotics Technology Component
Specification (OMG RTC Specification)」に準拠しています。本製品では、
通常のパターンウィーバーStandard Edition Ver2.2の機能
( http://pw.tech-arts.co.jp/purchase/about_edition.html )
もご利用できる他、以下のような機能もご利用できます。

- 設計情報を基にしたRTCスケルトンコードの生成
 - コンポーネント・プロファイルを埋め込んだRTCスケルトンコード生成
 - 各種Port(DataPort,ServicePort)の生成・登録
 - 属性、操作、多重度など、UMLモデリングツールの機能を利用したスケル
  トンコード生成

- GUIを用いたコンポーネント設計
 ドラッグ&ドロップを中心とした直感的な操作により、RTコンポーネント
 の配置、接続など設計作業を行うことができます。

- CORBA IDLの生成
 RTコンポーネントと同様、簡単な操作でCORBA IDLの定義及び生成を行う
 ことが可能です。

- C++クラス スケルトンコードの生成
 RTコンポーネントだけではなく、通常のクラスやインターフェースのスケル
 トンコードの生成が可能です。また、各クラスの属性や操作も併せて生成
 することが可能です。

- 設計情報の再利用化をサポート
 過去に作成した設計情報をコンポーネント単位で再利用することが可能です。

- 開発環境のカスタマイズが可能
 統合開発環境EclipseのPlug-inとして動作するため、用途に応じた機能追加
 など開発環境のカスタマイズが可能です。多様なロボット開発環境を容易に
 構築することができます。

特徴

本製品はEclipse上で動作するUMLツール、パターンウィーバー上で動作します。このため、他のUMLダイアグラムを組み合わせたRTコンポーネントの設計が可能です。PatternWeaver for RT-Middlewareの特徴は以下のとおりです。

- GUI上でのグラフィカルなコンポーネント設計が可能
- RTCスケルトンコードの生成が可能
- CORBA IDL(Interface Definition Language)の生成が可能
- C++スケルトンコードの生成が可能
- 設計情報の再利用化をサポート

株式会社株式会社テクノロジックアートの他の製品

製品関連情報

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]