編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

サイト内検索ASP「SyncSearch」

株式会社SyncThought 

2008-03-31

見えないニーズを引き出すサイト内検索ASP「SyncSearch」

製品概要

サイト運営企業様の多くのニーズに応えるべく、検索エンジン開発の実績を活用し、企業様のサイト運営を最大限に活かすことが出来るサイト内検索ASP「Sync Search」

従来型のサイト内検索に比べ、より最適なページを探しやすく、また、キーワードから消費者ニーズを把握できるなど、検索ページ最適化(SPO ※1)にご活用いただけるサービスとなっております。

※1 SPO(Search Page Optimization、検索ページ最適化)とはサイト内検索のクロールで得られた全てのページ情報(HTML等)および、検索キーワード情報からサイト内の各ページを改善し、SEO及びサイトユーザービリティの向上に活用すること。


■導入事例
セイコーオプティカルプロダクツ様 コーポレートサイト http://www.seiko-opt.co.jp/

特徴

「Sync Search」の特徴は以下となります。

(1)高速高精度な検索性能
高速であることはもちろん、検索結果の精度も重要視。特定ページの検索対象設定、さらにHTML内の必要な箇所のみを検索対象とする設定など、詳細な検索設定が可能です。

(2)柔軟で多彩な検索機能
検索結果を画像で表示することで、サイト訪問者のユーザービリティ向上に。検索結果の並び替えやカテゴリごとの絞り込み検索、最新情報のRSS出力、キャンペーンや商品情報を検索結果上部に表示するおすすめリンク機能など柔軟で多彩な検索機能を提供します。

(3)自由設定可能なデザイン
Webサイトのデザインに合わせた検索ページの表現が可能。HTML・CSSを活用し、従来のサイト内検索では制限があった検索結果ページを自由に編集が可能です。

(4)多機能な分析ツール
サイト内検索の利用状況を把握。アクセス解析では把握しきれない、サイト訪問者の潜在的な見えないニーズも検索キーワードから把握頂けます。検索キーワードの集計からページの最適化(SPO※1)に活用頂けます。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]