編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

CLARiX CX4-120

EMCジャパン株式会社 

2009-04-01

CLARiX は、実証済みのファイブ・ナイン(99.999%) の可用性(CX4 シリーズ)と、シンプルなインストールと管理機能とを併せ持つミッドレンジ・ストレージ・ソリューションです。 CX4-120 は、部門アプリケーション、支店環境やリモート・オフィス向けにコスト・パフォーマンスに優れたネットワーク・ストレージを確立します。

製品概要

EMC CLARiX CX4モデル120は、部門アプリケーションまたは中堅企業向けのエントリー・レベルのネットワーク・ストレージを提供します。CLARiX CX4-120は、ファイブ・ナイン(99.999%)の可用性が実証されているCLARiXと、仮想プロビジョニング、64ビット・オペレーティング・システム、マルチ・コア・プロセッサなどの革新的なテクノロジーを組み合わせます。CX4モデル120の容量は、5 TBから120 TBまで拡張可能です。

高いコスト・パフォーマンスを実現し、成長を続けるビジネスで必要とされるCLARiXのファイブ・ナインの可用性(99.999%)を確保できます。UltraFlexテクノロジーにより、デュアル・プロトコル、オンラインで拡張可能な接続オプション、将来のテクノロジーの統合機能を利用できます。またEMC PowerPathやCX4の先進的な機能を使用して、予期しない出来事からのデータ保護、消費電力の削減を実現できます。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策

  2. 運用管理

    人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線

  3. セキュリティ

    脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介

  4. 経営

    脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC

  5. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]