編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

デルとEMC、スケールアウトNASで新ブランド--オールフラッシュノードも提供

阿久津良和

2020-06-25 07:15

 デルとEMCジャパンは6月24日、非構造化データを格納するNASのスケールアウト型の新ブランド「Dell EMC PowerScale」を発表、オールフラッシュノード「PowerScale F200」「PowerScale F600」の提供を開始した。

 価格は個別見積もり。SB C&Sやダイワボウ情報システム、ネットワールドなどパートナー経由で提供される(デルとEMCジャパンは8月1日付けでデル・テクノロジーズに合併予定)。

EMCジャパン 執行役員 UDS事業本部 事業本部長 倉橋秀則氏
EMCジャパン 執行役員 UDS事業本部 事業本部長 倉橋秀則氏

 EMCジャパン 執行役員 UDS(Unstructured Data Solution)事業本部 事業本部長 倉橋秀則氏は「国内はミドルレンジがボリュームゾーン。パートナーを通じた幅広い販路で顧客にリーチしたい」と意気込みを語り、今後3年間で1000システムの販売目標を掲げた。

 2010年11月にEMCがIsilon Systemsを買収し、2016年9月DellがEMCを買収する形でDell Technologiesのデータストレージソリューションは成長を遂げてきたが、PowerScaleはx86サーバー「PowerEdge」をハードウェア基盤に、Isilonのソフトウェアを融合させたスケールアウトNASの新ブランド。既存の「Isilon F/H/A」シリーズを包含するが、新たなオールフラッシュノードとしてスモールスタートが可能なPowerScale F200と、ハイパフォーマンスモデルに位置付けるPowerScale F600を追加した。

 PowerScale F200はノードあたり2.5インチ4ドライブのSAS SSDを搭載可能でRAWストレージ容量は3.84TB、7.86TB、15.36TBの3種類。フロントエンドネットワークはノードあたり10GbE(SFP+)×2、もしくは25GbE(SFP28)×2、インフラネットワークはノードあたり10GbE×2、もしくは25GbE(SFP28)×2を選択できる。

 PowerScale F600はノードあたり2.5インチ8ドライブのNVMe SSDを搭載可能で、RAWノード容量は15.36TB、30.72TB、61.44 TBの3種類。フロントエンドネットワークはノードあたり10GbE(SFP+)×2、または25GbE(SFP28)×2、もしくは100GbE(QSFP28+)×2から選択できる。インフラネットワークはノードあたり100GbE(QSFP28+)×2を備える。

F200とF600の概要(出典:EMCジャパン)
F200とF600の概要(出典:EMCジャパン)
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]