編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

デルとEMC、スケールアウトNASで新ブランド--オールフラッシュノードも提供 - (page 2)

阿久津良和

2020-06-25 07:15

 いずれのモデルもインライン圧縮や重複排除を行うインラインデータ削減機能を備えており、クラスターは3~252ノード構成が可能。その際のクラスター容量はF200が11.4TB~3.8PB、F600が46TB~15PBとなる。

 倉橋氏は「(Isilonファミリーは)最小構成でも約100TB~1PBの構成だったが、スモールスタートしたい事業部や部門のファイルサーバーなど、100TB以下を要望するお客さまの需要とギャップが生じていた。PowerScaleはそのギャップを埋める存在」となる。

 いずれのモデルもIsilonファミリーと同じく、オブジェクトストレージサービス「Amazon Simple Storage Service(S3)」へのアクセスをサポートした「PowerScale OneFS 9.0」を採用した。HDFS(Hadoop Distributed File System)やNDMP(Network Data Management Protocol)など既存のファイルシステムやネットワークプロトコルも平行して利用できる。

 OneFSはデータ格納時にブロック化とパリティを作成して分散配置することで、ドライブ単体や筐体(きょうたい)に障害が発生した際もデータを継続して利用できる耐障害性が特徴の1つ。また、パブリッククラウドやプライベートクラウドへコールドデータを待避させる「CloudPools」を利用すれば、効率的なデータ格納環境を実現できる。

 予測分析機能でリソース低下を可視化する「CloudIQ」や、複数の異機種混在ストレージシステム全体像の把握を容易にする「DataIQ」も無償で同梱される。

EMCジャパン 執行役員 UDS事業本部 SE部 部長 水戸匡茂氏
EMCジャパン 執行役員 UDS事業本部 SE部 部長 水戸匡茂氏

 EMCジャパン 執行役員 UDS事業本部 SE部 部長 水戸匡茂氏は「IT予算は変わらずとも組織データの約8割を示す非構造化データが持つ課題に対応できる」とF200とF600をアピールした。

 国内のビジネス状況について2019年度は対前年比プラス36%、2020年度もプラス39%と過去最高を2年連続で更新した。倉橋氏は刷新したPowerScaleについて「オールフラッシュの需要は増加している」と市場動向を説明し、冒頭で紹介した3年間の目標も十分に達成できると自信を見せた。

 NVMe SSDの採用はPowerScaleファミリーとしては初となるが、「現行モデルにも搭載する可能性はあるものの、現時点で予定はない」(倉橋氏)と同ファミリーの展開を匂わせた。

PowerScaleのポートフォリオ(出典:EMCジャパン) PowerScaleのポートフォリオ(出典:EMCジャパン)
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]