編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

アジャイル生産現場ソリューション

日本電気株式会社 

2011-12-19

製造プロセスの変化に迅速に対応できる製造現場向けソリューション。個々の生産現場の特性に合わせてカスタマイズできる多彩なテンプレートを用意する。

製品概要

日々変化する製造プロセスにユーザ自身で素早く対応

アジャイル生産現場ソリューション(Agile Manufacturing Execution System:A-MES)は、製造プロセスの変化に迅速に対応できるようにアジャイル方式を取り入れた製造現場向けソリューションだ。NECの製造現場で長年に渡って実践・確立してきた生産ノウハウをモデル化したもので、ソリューション構築の情報基盤にGdFrameを採用する。

特徴

●変化に強い情報システムの3つの特長
日々変化する製造プロセスにユーザ自身で素早く対応できるように、GdFrameは以下の3つの特長を備えている。

■5W1H型統合DB
すべての情報を1つのDBに集約し、効率的かつ戦略的に活用できるようにするため、GdFrameは5W1H型統合DBを提供する。このDBではすべてのデータが5W1Hの統一構造となるため、特定の業務プロセスに依存せずにデータを活用できるようになる。

■Visioで工程フロー定義
GdFrameでは工程フローをMicrosoft Visioで定義する。テンプレートには工程フロー部品やデータ更新処理部品が用意されており、これらを使ってフローチャートを作成することにより、プログラミングレスで工程フローを作成・変更できる。

■Excelで画面開発
GdFrameでは画面をMicrosoft Excelで開発する。Excelで画面の仕様をパラメータ設定することにより、プログラミングレスで画面を追加・変更できる。

●テンプレートをベースに生産現場の多様なニーズに対応
製造工程管理用や金型資産管理用、設備保全業務用などの多彩なテンプレートを用意する。これらをカスタマイズすることにより、個々の生産現場の特性に合わせたソリューションを構築することが可能だ。

≪導入効果例≫
アジャイル生産現場ソリューションを導入することで、製造プロセスの変更にともなうシステム変更の所要時間を従来システムの4分の1※に、DBのテーブル数を従来システムの5分の1※に削減できる。
※NECの導入事例より

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]