編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

RAIDアダプタやHBAに接続してドライブ追加の為の拡張性と柔軟性を提供する「Adaptec 12Gb/秒SASエクスパンダカード」

ピーエムシー・シエラ・ジャパン株式会社 

2014-11-27

最大28ポートの提供により、SAS/SATA HDDやSSDへの接続を必要とする高密度サーバに低コストで柔軟なドライブ追加の拡張性を提供。 12Gb/秒の転送レートをサポートし、6Gb/秒への下位互換性を持つ。

製品概要

12Gb/秒 Adaptec 82885T SAS エクスパンダカードは、Adaptec SAS RAID アダプタや SAS HBA と組み合わせて,サーバ内のパッシブバックプレーンアーキテクチャを利用しながら、スケーラブルな接続性 /ドライブ追加のためのファンアウトオプションを提供します。AEC-82885T SASA エクスパンダカードは、ロープロファイル MD2 フォームファクタで、SASアダプタやSAS/SATAドライブを接続する内部28ポートと、でさらに大きな容量拡張のために外部JBODへのオプション接続性も提供する外部8ポートの合計36ポートを提供します。

特徴

「Adaptec® 82885T SASエクスパンダカード 」の主な特長:

■ ロープロファイルMD2形状で、25ワット未満でPCIエクスプレス(PCIe®)消費電力制限に適合。

■ カードはバックプレーンから独立して任意の使用可能なPCIeスロットに内部マウント可能。

■ 上向き配置のmini-SAS HDコネクタにより高密度サーバ環境にケーブル配線の柔軟性を提供。

■ 電源は、4レーン以上のPCIeスロットまたは標準的な4ピンMolexコネクタから供給。

■ カードはSGPIOとSES2エンクロージャ管理をサポート。エンクロージャ情報はデイジーチェーン接続された全てのエクスパンダカードからルーティングされて接続されたRAIDアダプタやHBAへ提供。

■12Gb/秒のSASエクスパンダカードの持つバッファリング機能により6Gb /秒のSAS/ SATAドライブ接続時のパフォーマンスを向上させることが可能。これにより、データセンタでは最大スループットを達成するために、最新の12Gb/秒デバイスに加えて既存のドライブも活用することが可能。

■ Adaptec 8シリーズ、7シリーズ、6シリーズ RAIDアダプタおよびHBAのと、全てのHDDとSSD、既存のアクティブおよびパッシブバックプレーンと互換性を持つ。

■ 型番
-AET-82885T: 内部28ポート+外部 8ポート、LP/MD2形状

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]