編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

テレワーク導入をご検討の企業様必見!リモートツールは「RemoteView」

RSUPPORT株式会社 

2016-01-13

遠く離れた場所にあるPCを、いつでもどこでも自分のPCやモバイル機器からリモートコントロールして簡単に、早く、安全にリアルタイムで遠隔操作が出来る「RemoteView」

製品概要

テレワーク導入を検討されている企業で、セキュリティ面で安全性が高いリモートコントロールツールはないかとお悩みの方はおられませんか?

企業でのご利用に最適なリモートコントロールツールの「RemoteView」をご紹介します。


■ RemoteViewとは

RemoteViewとは、遠く離れた場所にあるPCに「Agent」をインストールするだけで、インターネットを介していつでもどこでも自分のPCやモバイル機器からリモートコントロールして簡単に、早く、安全にリアルタイムで遠隔操作が出来るサービスのことです。

企業でPCを管理できるよう様々な管理機能を提供しているため、中小・大企業で簡単にご利用いただけます。

特徴

■ 2段階認証(OTP)によるセキュリティ強化

よりRemoteViewを安全に使用するために、RemoteViewへのログイン時や、遠隔地PCへの接続時にOTP(One Time Password)を使用する「2段階認証」を設定することが出来ます。

この2段階認証を設定することで、従来のIDとパスワードという組み合わせに加え、「認証コード」と呼ばれる6桁の数字の入力を追加で入力することにより、セキュリティを強化することができます。
この認証コードは一定ではなく、時間経過やログインのたびに変化するので、より安全にRemoteViewをご利用いただけます。


また、遠隔地PCに接続するアカウント認証方法には、Agentインストールの際に設定したAgent IDとパスワードを利用する方式、先に述べたユーザーに割り当てられているOTP認証を利用する方式、ローカルPC上で認識されるWindowsアカウント情報を利用する方式の3つがあります。

ご利用環境に合った認証方法を利用できるので、とても便利です。



■ サービス利用時間を制限

曜日別にリモートアクセス可能な時間を設定することもできます。管理者が、ユーザーに対してリモートアクセス利用を統制したい場合に有効な機能となっています。


■ さらに使いやすくなったRemoteView

RemoteViewはセキュリティ機能が充実しているため、遠隔操作をしている間にもしかして何かの手違いで個人情報が流出したり、ウィルスにかかったりしないか、という心配をする必要もありません。

安全性がが高まり、セキュリティ面で心配ないRemoteViewは、テレワーク導入を検討されている企業に最適ですのでぜひご利用してみてください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]