セキュリティのプロが選ぶWAF!Barracuda Web Aplication Firewall

バラクーダネットワークスジャパン株式会社  2018年05月11日

「設定・管理の容易さ」と、「使い勝手の良い管理GUI」が評価され、Hardening 2017 FesのMarket Place Awardにて、「Most Valuable Vendor」を受賞 !

製品概要

顧客情報などの流出は、信用の失墜・賠償責任などを企業にもたらします。脆弱性対策として、セキュアプログラミングによるWebアプリケーションのセキュリティ向上をさせても、常にバージョンアップが必要となり、膨大なコストが発生し続けるものです。

こうした問題を解決するのがサーバサイドに設置するWebアプリケーションファイアーウォール、通称WAF。
Webアプリケーションを脅威から守り、Webサービスのセキュリティを極限まで向上させます。

特徴

WebアプリケーションやWebビジネスサービスを狙った攻撃から企業のデータを確実に保護するセキュリティアプライアンス。低コストで迅速に運用が開始できるので、今すぐセキュリティ対策を強化したいユーザに適している。WAF製品の日本国内シェアでは、2007年度から9年連続で国内トップ(販売台数ベース)を記録(※)。
※出典:富士キメラ総研「2013 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧<上巻:市場編>」

【開梱後30分でWebアプリの脆弱性を保護】

保護機能のベースはブラックリスト型を採用。攻撃定義シグネチャにより、既知のXSS/SQLインジェクションに対する防御対策が完了するため、製品を開梱してネットワークに接続し、電源をオンにするだけでWebアプリケーションの保護が実現する。

【日本語Web GUIで管理】

ローカライズされた日本語GUIにより、導入後のWebビジネスサービスの運営管理も簡単に行えるため、ユーザに負担がかからない。ポリシーやシグネチャも自動更新で対応し、最新の攻撃も防御する。

【サイト運営に必要な機能をすべて搭載】

ファイアウォールやIDS/IPSは、それぞれ分野の異なるレイヤの攻撃を防御する存在であり、それぞれ単体ではシステムを完全に保護することはできない。XSS/SQLインジェクションには、WAFによる防御が必要。

【選べる実装方式】
Barracuda WAFは物理アプライアンスだけでなく、仮想アプライアンス(VMware/ Hyper-V/Oracle VirtualBox/XenServer/)、更にクラウド環境で利用できるようにWindows Azure やAmazon Web Service(AWS)、Google Cloud Platform(GCP)でも利用が可能。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]