編集部からのお知らせ
特集まとめ:高まるCISOの重要性

ロードバランシングとは?

複数運用されているマシンの間での負荷が分散するように処理を分けて割り当てること。これにより、1つのリソースの過度な使用を回避することが可能になる。障害が発生した時にマシンの処理を別のマシンに割り当てて、サービスの可用性を高めることにも可能だ。

リソースへのアクセスポイントが1つしかないユーザーは、ロードバランシングを意識することはない。

キーワードアクセスランキング

話題のキーワードと記事

  • ユーザーがあらゆる角度からデータを見るための分析手法。ビジネスインテリジェンス/アナリティクスの... 続きを読む >
  • 「Infrastructure as a Service」の略称。CPUやメモリなどのコンピュータの仮想的なリソースをネットワ... 続きを読む >
  • プロジェクト管理用語。プロジェクトの境界を記述する方法であり、プロジェクトが何を成果とし、何を提... 続きを読む >
  • Microsoftが開催する開発者イベント。2017年はニューヨークで開催され、Visual Studio関するものなどさ... 続きを読む >
  • 特にアジャイル開発で用いられる、短い間隔で反復を繰り返しながら行う開発サイクルの概念の1つ。各イテ... 続きを読む >

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]