ホワイトペーパー

【地球レベルでのITリソースの活用】機種混在ストレージを共通プール化し、プライベートクラウド構築をするための方法

EMCジャパン株式会社 2010年06月01日

EMCジャパンの「EMC VPLEX」は、分散キャッシュ連携技術によってストレージ・フェデレーションを実現する製品です。地理的に分散配置された複数のストレージシステムを共通プール化し、遠距離間で連携させることができ、企業内またはグループ企業間で真のプライベートクラウドの構築が可能となります。

ストレージとキャッシュの整合性のとれたグローバルなビューを一度作成するだけで、多くのユーザーがさまざまな場所から、リアルタイムで同じ情報にアクセスできるようになるため、コストを削減するために電力コストの安い場所と時間帯でバッチ処理をさせたり、地理的に離れたデータセンター間でリソースの負荷分散と再配置によりサービスレベルを向上させることも可能です。

地球レベルでのITリソースの活用を考えた、最新の仮想ストレージに関する資料は以下からダウンロード下さい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]