ホワイトペーパー

情報システム主導のRPAプロジェクトがなぜか炎上するワケ - 成功ポイントは人事とシステムにあり

アステリア株式会社 2019年05月14日

ここ数年で大きな話題になり始めたRPA(Robotic Process Automation)。RPAは、投資対効果を発揮するツールとして各業界から期待されており、すでに多くの企業がRPAの導入検討を進めている。

しかし、実際のRPAプロジェクトを見ると、決して順風満帆とは言えないようだ。なかには、どんな業務でも自動化できる魔法のツールと誤解されているケースもある。また、情報システム部門が主導するRPAプロジェクトが、かなりの確率で炎上しているケースが見られる。

なぜそのような状況に陥ることになるのだろうか。本資料は、そんなRPAの誤解を解き、RPAの本質を理解しながら、有効活用するための方策とその取り組み方を解説したものだ。

RPA導入のポイントを「人事視点」と「情報システム視点」の両面から探りながら、RPA導入を成功に導くコツを整理していく。炎上を経験した方はもちろん、RPA導入を検討している方にまず読んできただきたい資料だ。ぜひお目通しいただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]