編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

ホワイトペーパー

自社成長の要、3つのユースケースにみるクラウドデータウェアハウスを最大限に活かすためのポイント

インフォマティカ・ジャパン株式会社 2021-12-09

自社が保有するデータを成長の糧にしようとする企業が増えてきた。しかし、データ量、処理負荷が増え、さまざまなデータ分析のニーズが急速に高まっているものの、従来のプラットフォームではそれらに対応できなくなる状況が続いている。
そこで注目されているのが、クラウド型データ統合基盤だ。多くの企業がデータウェアハウスを最新のクラウド型ソリューションに移行し、効率性とアジリティを高めてデジタル時代の要求に対応するための準備を整え始めている。
幾つかの選択肢がある中、本資料では、クラウド向けに構築された次世代のデータウェアハウスであるSnowflakeを活用する際の、インフォマティカソリューションによるデータの取込みからデータ統合、更にデータガバナンスに至る、データの利活用のポイントや、最適な分析環境を整えるためのポイントをユースケース別に紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]