ホワイトペーパー

セグメンテーションとデータ管理 マーケティング部門にとっての利点と目標

SAS Institute Japan株式会社 2013年11月22日

顧客コミュニケーションの複雑化や、顧客ニーズの多様化に伴って、マス・マーケティングからワンツーワン・マーケティングへとマーケティングの潮流が変化してきました。更にソーシャルメディアの登場によって、マーケティング対象者や顧客にふさわしい適切なオファーを特定するのは、いまや企業側の責任となっています。
そのために、現在の企業はセグメント化を個人レベルまで進め、細分化する「セグメント・オブ・ワン」に対応したマーケティングの実践を避けて通れなくなりました。

作成するセグメントの数には絶対的な基準はなく、特定のキャンペーンやマーケティング計画にとっての貢献度で決まりますが、すべての企業がマーケティング対象者のリストを効果的に絞れるとは限りません。
本資料では、実務面でも扱いやすいセグメンテーションの様々な方法について、いくつかのベストプラクティスを解説します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]