ホワイトペーパー

生成AI活用の潜在的なセキュリティリスクに準備しておくべき「6つの戦略」とは?

株式会社セールスフォース・ジャパン 2024-05-27

近年、急速に普及する“生成AI”は規模を問わずあらゆる企業や組織のビジネスの改革や改善、生産性の向上、そして顧客とのつながり方を刷新する機会をもたらしている。AIの活用によってルーティン業務の自動化やミスの削減により大幅に効率化を実現することで、従業員は新サービスの創出といった業務に注力できる。すなわち、生成AIはコスト削減や効率化アップといった『守り』だけでなく、新しいビジネスの創出といった『攻め』もスピーディに対応できるようになることが現実に期待されている。

目覚ましい成果が見込まれる生成AIだが、実ビジネスに活用するにはまず信頼性を確保することが必須である。多大な影響力がある点を踏まえて、導入する際は潜在的なセキュリティリスクを特定して対処することが必要不可欠だ。
本資料では、「生成AIがもたらす機会と影響」「生成AIに関する懸念」「導入事例」を踏まえて、「信頼できる生成AIを実現するために準備すべき『6つの戦略』」を解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]