ホワイトペーパー

選んだ背景と活用事例集(1)--全日本空輸、豊田自動織機、アスクル、日本ユニシス・サプライ--大規模組織で力を発揮する、ポータル連動のグループウェア

株式会社ドリーム・アーツ 2010年11月02日

全社員が業務の入り口として毎日必ず利用するインターフェイスである情報基盤に課せられる役割は大きい。社員に経営上の課題や方針を周知させる有効な手段であり、問題意識を全社で共有する起点にもなるからだ。だが自社のシステムに何らかの課題を抱えていれば、会社が持つ最も重要なリソースである社員の創造力を最大限に引き出す事は困難である。

本ホワイトペーパーは、グループ3万人の従業員を擁する全日本空輸などが実際に抱えていた課題と、その解決を次世代グループウェア「インスイート・エンタープライズ」に見出す過程をまとめている。
なお実例満載であるため、資料は2部で1セットとなる。特に企業の経営層やシステム関連の担当者は、その全てに目を通し、「あの企業」のリアルな実例を知っていただきたい。

その1(本資料) 登場企業:
全日本空輸、豊田自動織機、アスクル、日本ユニシス・サプライ

その2 登場企業:
エディオン、商船三井、毎日新聞

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]