編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ホワイトペーパー

【事例】紙ベースの諸申請業務に悩んでいた立命館大学があのWebデータベースを選んだ理由

株式会社ドリーム・アーツ 2019-10-23

組織には、「稟議申請」「出張申請」などの諸々の申請業務や、「会議文書管理」をはじめとした各種文書管理業務といった、1つ1つは細かくとも組織内の多くの人々が様々な権限によって閲覧・処理するような業務が数多く存在する。そしてそれらの多くが未だに紙ベースで行われている組織も少なくないのではないだろうか。そうなると、諸申請業務の効率化が進まず、その影響で組織全体の業務の高度化・効率化の妨げになってしまうのが現実だ。

約48,000名の学生・生徒が学び、約3,300名の教職員が勤務する立命館大学もまた、以前は同様の課題に直面していた。しかし業務高度化を目指す同大学では、Webデータベース「SmartDB」を導入し、そのプラットフォーム上で申請業務の100%システム化に取り組んでいるのである。

本資料では、2020年度内には30以上の業務のシステム化を掲げている立命館大学における、かつての課題やその解決に向けた具体的な取り組みが、担当者たちの言葉とともに解説されている。ぜひ自社の業務効率化に役立てていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]