ホワイトペーパー

異種データベースサーバ統合による戦略的コスト削減のススメ

日本オラクル株式会社 2009-10-29

1990年代以降に加速したシステムのオープン化。これにより、企業内には数多くのシステムが導入されてきました。その結果、データベースサーバも乱立してしまい、その運用管理には大きな手間がかかっています。さらに、一部のシステムでは性能に余裕があるのに、別のシステムではリソースが逼迫し十分な性能が発揮できないといった、リソースの無駄も発生しています。これらの課題を解決するためには、データベースサーバの統合化が極めて有効です。このホワイトペーパーでは、サーバ仮想化の技術であるOracle VMと、データベースを仮想化し統合するグリッド技術のOracle Real Applications Clusterを活用し、それぞれを組み合わせることでハードウェアの統合からデータベースの一元化にいたる、異種データベースの統合方法についてステップごとに詳細に解説します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ホワイトペーパーカテゴリー

ビジネスアプリケーション

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]