ホワイトペーパー

17,000ユーザーへ展開!パナソニックグループが選んだIT統合管理ソフトウェアの実力を検証する

株式会社ハンモック 2017年11月21日

PC運用管理ソフトというと、IT資産管理やアプリケーション配布、リモートコントロールといった機能を思い浮かべがちだ。しかし最近では、セキュリティ面での機能を拡大させた製品が登場している。

こうした多機能のIT統合管理ソフトの1つが、ハンモックの「AssetView」だ。同製品の特徴は、操作ログ管理、個人情報検索、デバイス制御、不正PC遮断といった従来からの機能に加え、未知の脅威対策、脆弱性対策、ファイル暗号化といった最新サイバー攻撃に対抗するための全17機能を備えていることだ。

これらの機能を1つの基盤上に構築できるため、ハードウェア/ソフトウェアのライセンスコストの低減、管理コンソールの統一による運用負荷の軽減といったメリットが生まれる。また、各機能が単体導入できるため、ビジネス環境の変化に応じたセキュリティ対策コストの最適化にもつながる。

本ホワイトペーパーでは、同製品の機能やメリットを紹介するとともに、パナソニックグループが、10のシステム管理ソフトから同製品を選択した理由についても言及する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)