ホワイトペーパー

IT部門の生産性向上に寄与する「構成管理」という選択―運用のポイントは可視化・標準化・省力化

株式会社ユニリタ 2018年03月30日

IT部門への期待値は昨今ますます高まっています。社内からの問い合わせやインシデント対応、経営を後押しするシステムやツールの選択、働き方改革への対応など、挙げれば枚挙にいとまがありません。また、今後問題化する労働人口の減少により担当者1人1人に対する業務の量と質はより高まっていくのは確実でしょう。

その中で今注目されているのが「構成管理」ツールです。本資料ではよく混同される「IT資産管理」との違いや、構成管理を適切に実施するためのポイント、日通情報システム株式会社の導入事例などを紹介しています。IT部門の「生産性向上」の実現こそ企業にとって今後の経営を左右すると言っても過言ではない中、ぜひこれからの企業ITを後押しする選択の参考にしていただけると幸いです。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)