ホワイトペーパー

必要なのは、出入り口での「全パケット監視」--従来のファイアウォールはもう限界に

丸紅情報システムズ株式会社 2014年01月31日

企業や組織のシステムをサイバー攻撃から守るには、ネットワークのゲートウェイ部分に設置するファイアウォールでの対策が効果的だ。しかし特定のポートやプロトコルを監視する従来型のファイアウォールでは、標的型攻撃に代表される最新の攻撃手法に対抗することはできない。現代のファイアウォールには、トラフィックの種類を問わずネットワークを流れるすべての通信を中身まで解析する性能が求められる。

次世代ファイアウォール「DELL SonicWALL」は、企業ネットワークの出入口で全パケットを監視することが可能で、その導入により従来のファイアウォールでは防げない高度な攻撃にも対抗できるようになる。
詳しくはダウンロード資料をご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]