ホワイトペーパー

サポートが終了したOSを使い続ける理由は?--遅すぎる対応と場当たり的な対応からの脱却の必要性

レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ株式会社 2015年08月18日

2015年7月15日、マイクロソフトはWindows Server 2003のサポートを終了した。しかし、サポート終了時点で、約6万台のサーバーが残っている。

これらのサーバーは、マルウェア・標的型攻撃・情報漏洩などのリスクが高くなる。実害が発生すれば、企業活動にも大きな影響を及ぼすとともに、自社の情報管理能力に対する信頼も著しく下がるだろう。

ここでは、残っているWindows Server 2003 サーバーのために、今チェックすべき3つのことについてを紹介する。

・なぜ対策が後手に回ってきたのか、要因を分析すること

・場当たり対応から脱却するため、今後の方針を立案すること

・具体的な対応プランを計画し、確実に実行すること

それぞれの方法についての詳細は、ダウンロードして資料をご参照下さい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]