編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

ホワイトペーパー

作業プロセスを劇的に削減! AI自動翻訳と音声認識を業務に組み込む

株式会社ロゼッタ 2020-10-20

機械学習やディープラーニングの技術が確立したことで、AIの精度は飛躍的に向上した。活用シーンは多岐に渡るが、ビジネスで実用レベルに達している領域としては、主に、文章理解(自然言語処理)、音声理解(音声認識)、画像理解(画像認識)、推論(囲碁・将棋など)、機械制御(産業用ロボット、建設機械など)がある。なかでも「AI自動翻訳」と「音声認識」は、社内業務への活用で大きなメリットが得られる領域だ。

本資料は、この2つがどのように業務に役立つのか、メリットと活用事例、ソリューションを紹介したホワイトペーパーだ。4500社を超える企業が採用するAI自動翻訳「T-400」の特徴も紹介されている。ぜひ自社の取り組みにお役立ていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ

  2. セキュリティ

    マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?

  3. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  4. ビジネスアプリケーション

    中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例

  5. 運用管理

    業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]