ホワイトペーパー

SAPユーザー必見!基幹系システムのクラウド移行を簡単・安心・低コストで実現するヒントあります

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 2018年05月09日

“クラウドファースト”が叫ばれて久しいが、依然としてオンプレミス環境での稼働が多いのが基幹系システムだ。なぜなら企業にとって特に重要なシステムだけに、可用性や信頼性、性能、セキュリティなどが極めて高いレベルで求められてくるからである。

そうしたなか、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)が提供するのが、基幹系システムに最適化された高い信頼性が特長のクラウド基盤(IaaS)「CUVICmc2(キュービックエムシーツー)」だ。「CUVICmc2」は、重要システムのクラウド移行において妥協できない3つの条件「高セキュリティ」「パフォーマンス保証」「低コスト」を満たしているのが大きな特徴だ。とりわけSAPに関しては、CTCによる長年の導入支援や運用経験が随所に生かされている。

そんな「CUVICmc2」だからこそ実現しているのが、日本企業の間でも期待の大きい「SAP S/4HANA」のIaaS上での提供だ。他に類を見ない従量課金での提供なども可能であるうえ、懸案事項である移行から運用に関しても、CTCの100人以上のSAP専門の運用部隊に一気通貫で任せることができるので安心だ。まずは本資料を一読して、一般的なクラウドと基幹系システム特化型クラウドとの違いを実感していただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]