ホワイトペーパー

事例解説:高価すぎるロードバランサは不要!ADCによる大規模ウェブサイトの負荷分散

株式会社パイオリンク 2015年11月26日

本資料は、大規模なウェブサイト(オークションサイト)の負荷分散で、ADC(アプリケーション・デリバリ・コントローラ)の導入で大幅なコスト削減を実現した事例を紹介します。

登場企業の「ジェイ・エス・エス」では、アウトソーシング部門で多くの顧客のシステムを預かっており、その一つに「自動車パーツ関連のオークションサイト」が存在していました。

それまでロードバランサを中心にした構成で負荷分散を図ってきたものの、リプレースを契機にコスト削減を計画。注目したのが、パイロリンクのADC「PAS-K」となります。

1台で回線負荷軽減・分散機能、SSLアクセラレーション機能、サーバー負荷分散機能、ファイアウォール機能を持ち、官公庁や大規模企業、データセンタなどの導入実績も豊富なのことが、決め手になったといいます。

詳しくはダウンロードしてご覧下さい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]