編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

ホワイトペーパー

DXの必須条件「全社的なデータ統合」を成功させるためのポイントを解説

日本テラデータ株式会社 2021-04-05

デジタルトランスフォーメーション(DX)を進めていくうえで問われるのは、使いたいデータを、使いたいときに、いかなる切り口の分析でも使えるような状態にしておく「全社的なデータ統合」の取り組みだ。IoTセンサーやWebサイトなど日々収集される膨大な生データを他のデータと組み合わせることで、価値を持った「データプロダクト」に変える必要がある。このデータプロダクトの価値が高まるほど、分析の精度も上がるため、変化の予兆が捕捉しやすくなり、施策の見直しや、ビジネスモデル変革が可能となるのだ。
さらに、全社的なデータ活用には、テクノロジーとプロセスを結び付け、データ管理から活用に至るまでの統合や自動化を改善し、継続的な分析精度の向上を図るというコンセプト「DataOps」の実装も求められる。
では、ビジネスモデルや業務プロセスの変革につながり得るデータプロダクトを生み出すためには、どのような全社共通データ統合プラットフォームを構築・実装すべきなのだろうか。
本資料では、DataOpsを実装する際に役立つソリューションとして、テラデータが提供するデータ分析プラットフォーム「Teradata Vantage」を提案。導入メリットやTeradata Vantageが持つ優位性を具体的なアーキテクチャの例を交え紹介している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]