ホワイトペーパー

顧客体験を大きく左右する言語--必要な言語はただ1つ

SDLジャパン株式会社 2014年11月13日

グローバルブランドとしての成功は、カスタマーエクスペリエンスをいつでも、どこでも、最適な言語で提供し、文化を越えてコミュニケーションを図ることにかかっています。
多様な文化、モバイル、デジタルが支配する今日の社会では、翻訳やローカリゼーションの包括的な戦略によって、国内市場の強化と同時にグローバルビジネスの拡大を推進できます。
しかし、言語は後回しにされることがあまりにも多く、マーケティング担当者は場当たり的な対応や土壇場での修正に振り回されています。
今こそ、こうした状況を変えるときです。それには、判断を妨げる情報を排除し、翻訳やローカリゼーションの戦略を最優先に考え、そして次の真実を受け入れる必要があります。

各国の顧客とコミュニケーションを取るために必要な言語はただ1つ顧客の言語だけである。

分かりやすく解説した資料を下記よりご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]