ホワイトペーパー

【調査報告】セルフサービスBI 2.0~普及と共に変化するセルフサービスBIツールの選択条件~

クリックテック・ジャパン株式会社 2016年03月16日

■データ分析でビジネス競争優位を獲得するためのキーポイントは?

企業において、データを経営資源として重視する傾向が高まっています。本資料では、調査結果をもとに、分析時に必要とされるBIツールの活用について、その最新状況の解説をしていきます。特に注目すべきポイントは、注目のセルフサービス型のBIツールが、いわば「2.0」世代に進化している点です。

「セルフサービスBI」は、「従来型BIツール」に比べて、操作性とデータの視覚化に重点が置かれ、ユーザー部門の利用者が容易にデータ分析やレポート作成を行えるようになりました。しかし進化した2.0世代は、1.0世代とは明確に異なる進化を遂げています。報告の中で強調されているのは、たとえば次のような点です。

・利用者:個人から特定部門まで → 複数の部門から全社まで
・利用目的:部門レベルの意思決定 → 全社レベルでの意思決定
・利用データ:従来型BIデータ、部門レベルで入手可能なデータ → 全社レベルのデータ

同時に、実際にデータの活用を推進するためには「データ環境」、「ツール環境」、「情報リテラシ」の3つの柱が必要で、どれが欠けてもデータをビジネスに活かすことは不可能とも指摘しています。資料は具体的なガバナンスについて調査結果を踏まえた解説内容になっており、ぜひ詳細をダウンロードしてご確認ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]