ホワイトペーパー

ESGラボ・レビュー「IBM Spectrum Protect」仮想環境向けデータ保護テスト結果

日本アイ・ビー・エム株式会社(Systems) 2016年07月08日

本資料は、ESGラボが実施した、データ保護ソリューション「IBM Spectrum Protect」のVMwareおよびHyper-V環境におけるテスト結果をまとめたものです。

資料の冒頭でESGラボは、企業システムが高度に仮想化された環境になる中で新たな課題となっているのが、データ保護とリカバリーの効率化であり、すでに対応している企業も、仮想環境のRTO(目標復旧時間)/RPO(目標復旧地点)や全体的な保護の効率改善を模索していることを指摘しています。また、VMwareとHyper-V環境の保護に使用されるメカニズムに関してESGの調査結果を紹介し、ファイルレベルのバックアップのみを利用しているのは調査回答者の17%に過ぎず、データストアレベルでスナップショットテクノロジーを利用している回答者は合計で72%であったと紹介しています。

今回ESGラボによって多様なバックアップやスストアの方法を検証されたIBM Spectrum Protectは、複数の手法でVMwareおよびHyper-Vの大規模な仮想環境を保護し、サービス・レベルを選択できるソリューションです。テストでは、VMレベルとストレージ・レベルの両方のスナップショットを使用した即時リストアやアクセス、個々のファイルおよびMSSQLとMicrosoft Exchangeオブジェクトのリストアによりイメージ・バックアップからのきめ細かいリカバリーなどが検証されました。

本資料の最後でESGラボは、「このソリューションが仮想マシンのデータ保護に関して、機能が豊富で使いやすいものであることを高く評価しました」とまとめ、IBM Spectrum Protectの機能や使いやすさを評価しています。

大規模な仮想環境におけるデータ保護/リカバリーを具体的に検討されている担当者様に適した資料です。詳細は、資料をダウンロードしてご確認ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]