ホワイトペーパー

働き方が変われば、電話の価値も変わる!鹿児島放送がBCP対策にも期待を寄せPBXをクラウド化

NTTコミュニケーションズ 2020-03-16

1982年に開局した鹿児島放送では、2011年の東日本大震災を受けてBCP(事業継続計画)対策強化を目的に本社・新社屋の建設を決断した。その一環として、電話などの通信基盤の信頼性を高めることを検討。同社では、オンプレミス型のPBX(構内雷話交換機)を採用していたが、束京、大阪、福岡の支社はPBXが老朽化して更新時期も迫っていた。

システムの更新には設備投資が必要であり、運用保守にかかるコストも負担になることを考慮し、新たな電話システムへの移行を決断。迅速な導入や拡張にも柔軟に対応できる点から、クラウド型PBXを選定した。その結果、支社間の内線化やIP電話の利用などで通話料金を約3分の1まで抑えることに成功。運用負荷の削減に加えて、BCP対策の強化が図られた。

さらに円滑な情報連携が可能な環境を構築することで、ワークスタイルの変革も実現できたという。以下の資料では、同社の導入経緯や具体的な導入効果などを担当者の声を交えて紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]