ホワイトペーパー

『業務』で選ぶクラウドサービスの勘所~ファイル共有とファイル転送において注意すべきポイント~

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 2014年05月09日

メール添付や物理媒体よる配送の情報漏洩リスクをいかに防ぎ、いかに業務効率を上げるか。もはやクラウド利用が避けられない今、ファイル授受業務に最適なクラウドサービスを選択するポイントとは?

企業におけるメールやファイルの送信数/データ量は年々増え続け、セキュリティ事故発生リスクもそれに比例して増え続けている。特に、ビジネスにおいて、メール添付によるファイル送信や、USBデバイスや磁気・光学媒体の郵送によるファイルの受け渡しが大きなリスクになりえる。さらに、個人向けクラウドストレージサービスは、「シャドーIT」として、企業にとってさまざまなリスクを起こしかねない大きな脅威と認識されている。

そんななか、企業は要件を正しく整理し、ポイントを押さえるとともに、利用業務に最適な選択をしなければならない。

もはやクラウド活用は止められないいま、本資料では、ファイル転送/共有の業務におけるクラウド活用の考え方や利用業務を考慮したサービス選定基準について、押さえるべきポイントを解説している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]