ホワイトペーパー

マルチチャネル/マルチデバイス対応。革新的なパブリッシングを実現するFrameMaker 12

アドビ システムズ 株式会社(Adobe FrameMaker) 2014年07月22日

Adobe FrameMakerは、アドビシステムズが提供するテクニカルドキュメント向けのDTPツールです。マニュアルや技術文書、定形文書など、膨大なボリュームのテクニカルドキュメントの作成・管理に特化した様々な機能を備え、大量ドキュメントの編集・管理の効率化を実現します。

 Adobe FrameMakerの最新版「Adobe FrameMaker 12」では、新たにマルチチャンネル、マルチデバイスに対応したパブリッシュ機能を搭載。さらに、XMLベースのアーキテクチャ「DITA」を総合的にサポートし、一貫性や作成上のニーズ、特定の出力要件に対応しました。また、ネイティブXML コードビュー、WYSIWYG ビュー、作成者ビューといったマルチビューにも対応し、コンテンツ作業の簡素化を実現します。

 ダウンロード資料では、CMSやDropboxとの統合、スマートカタログ、ホットスポットといった「Adobe FrameMaker 12」のさらなる機能をご紹介しています。詳しくはダウンロードでご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]