編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

ホワイトペーパー

マルチチャネル/マルチデバイス対応。革新的なパブリッシングを実現するFrameMaker 12

アドビ システムズ 株式会社(Adobe FrameMaker) 2014-07-22

Adobe FrameMakerは、アドビシステムズが提供するテクニカルドキュメント向けのDTPツールです。マニュアルや技術文書、定形文書など、膨大なボリュームのテクニカルドキュメントの作成・管理に特化した様々な機能を備え、大量ドキュメントの編集・管理の効率化を実現します。

 Adobe FrameMakerの最新版「Adobe FrameMaker 12」では、新たにマルチチャンネル、マルチデバイスに対応したパブリッシュ機能を搭載。さらに、XMLベースのアーキテクチャ「DITA」を総合的にサポートし、一貫性や作成上のニーズ、特定の出力要件に対応しました。また、ネイティブXML コードビュー、WYSIWYG ビュー、作成者ビューといったマルチビューにも対応し、コンテンツ作業の簡素化を実現します。

 ダウンロード資料では、CMSやDropboxとの統合、スマートカタログ、ホットスポットといった「Adobe FrameMaker 12」のさらなる機能をご紹介しています。詳しくはダウンロードでご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]