ホワイトペーパー

事業の根幹を支える重要システム、そのバックアップは「綱渡り」SB C&Sがたどり着いた最良の選択とは

arcserve Japan合同会社 2019-04-16

本資料は、SB C&S株式会社が抱えていた、バックアップ運用の課題解決に関する事例です。

同社では約200の仮想サーバ・10の物理サーバを含む重要な基盤である、流通業務システムが業務で重要役割を担っていました。しかしサーバ台数の増加、経年劣化によるストレージのパフォーマンス低下やディスク容量のひっ迫など複数の要素が重なり、バックアップ運用に関しては「綱渡り的」な、人手に頼る煩雑な運用になっていました。

同社で注目したのは、バックアップにまつわる多種多様な悩みやニーズを解決するバックアップ専用アプライアンス「Arcserve UDP 8000シリーズ」。

「オンプレミスでのバックアップ、クラウドでのバックアップとハイブリッド運用が可能で、中長期でのバックアップ戦略を考えると現時点ではこれが最良の選択でした」

と担当者は振り返ります。本資料では、同シリーズが各種課題解決にどのように役立ったのか、ユースケースを踏まえて解説。ぜひダウンロードのうえご一読ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]