編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ホワイトペーパー

システムの“お守役”のIT部門から脱却するためのITサービス管理ツールの見極め方

株式会社クレオ(旧クレオネットワークス) 2019-09-25

自社のIT部門について“システムの保守・運用だけを行えば良し”と考えていないだろうか?はっきり言えば、このような受け身の発想では、とても自社に競争力をもたらすことなど望めないだろう。これからのIT部門には、ITサービスを提供してビジネスを支えるという能動的な姿勢が強く求められてくるのである。

そこでIT部門の、サービス強化・業務効率化を目指してITサービス管理ツールを取り入れる企業も少なくない。ただし注意したいのが、そうしたツールがしばしば標榜する「ITIL準拠」という言葉だ。ITILというのは、ITサービス管理におけるベストプラクティスをまとめた「概念」であり、ツールそのものを指しているわけではない。そして自社の業務にITILを適用するやり方は各企業によって異なるため、こうしたツールでは適切な対応が行えないケースが多々あるのだ。

本資料では、ただ単に「ITIL準拠のシステム運用管理ツール」を導入するのではなく、自社のITシステム運用、サービスデスク運用にフィットした管理ツールの選定、もしくは無理なカスタマイズが不要な柔軟性のある管理ツールを導入する方法について解説している。ぜひご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]