編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ホワイトペーパー

【事例】「統一した運用手順さえなかった」福岡空港が劇的にシステム運用を改善できた理由

株式会社クレオ(旧クレオネットワークス) 2019-09-25

あらゆるビジネスにおいて「IT」が大きな役割を果たすようになったいま、企業のIT部門が担う責任はますます大きなものとなりつつあるが、それに伴いIT部門の業務負荷が無視できないほどに増大しているのが現実だ。

このような課題を解決すべく、多くの企業で取り入れられているのが、ITサービス管理のデファクトスタンダードとなっている「ITIL(Information Technology Infrastructure Library)」ベースの運用体制の構築と、その助けとなる業務支援管理ツールである。しかしながらITILを急に全ての業務に適用することは困難であり、またスタッフがITILについて理解を深める時間も必要となる。

毎年、約2100万人の乗降客が利用する福岡空港の運営を手掛ける福岡空港ビルディングでもかつて同じ悩みを抱えていた。しかし同社では、クレオが提供するITサービス管理ツール「SmartStageサービスデスク」を導入することで、ITILをベースとしたシステムの保守運用体制をスムーズに構築することに成功したのだ。本資料では、同社の取り組みについてIT部門の担当者の声とともに解説しているので、ぜひ目を通してほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]