ホワイトペーパー

事例:複雑化しすぎた社内データを合理化せよ--事業部とIT部門が協調、BI経費を削減したデル

デル株式会社(ESG) 2015年12月21日

■社内に蓄積されながら「解き放たれていないデータ」を、もう放置できない…

本資料は、大手ITベンダーで11万人もの従業員を抱えるデル(米国本拠)が、各所に分散して増殖を続けていてた社内データを合理化し、事業部とIT部門の効果的な連携といった数年に及ぶ課題に解決策を見いだした事例です。

同社がまず重視したのは、まずはデータセットの標準化、中央統制、そして社内の意識改革でした。従来はKPI/業績評価基準が社内で標準化されておらず、経営陣、営業幹部、前線の営業部員が一貫した視点から業績を正確に管理、評価することが難しい状況が存在していたのです。

同時にテクノロジー面においては、改革をサポートする施策として、「Dell SAP HANA」の活用を促進、「KPIの共通化」を進め、このことが大きく奏功する結果となりました。

・データ構造が著しくシンプルに
・新しい分析機能もはるかに素早く構築
・上流のビジネスプロセスも標準化、BI データセットとアプローチが確実に統一

などといった効果により、デルのデータ管理と BI 分析は全体的な効率性が上がり、コストの大幅な節約も実現しています。

詳しくは、ダウンロードしてご覧下さい。

Intel、インテル、Intelロゴ、Xeon、Xeon Insideは、アメリカ合衆国および/またはその他の国におけるIntel Corporationの商標です。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]