編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ホワイトペーパー

【製品紹介】Mµgen:ビッグデータの統合&ディスカバリ プラットフォーム

スマートインサイト株式会社 2015-11-25

ビックデータ分析に関してよく陥るのが、「どのように利用してよいかわからない」 「分析・利用できる体制が社内にない」「データの利用による費用対効果が分かりにくい」 「データの分析・利用に費用がかかる」 「データが散在していて分析できない・しにくい」といった点であり、2014年総務省の調査でも事実全業種における課題として上位にあげられている。

加速度的に変化する現代ビジネスにおいて、情報があふれ、散在するあらゆるデータを物理的に集めることは不可能といっても過言ではない。しかしながら、迅速に柔軟に企業の意思決定をしていかなければ、競合優位性を確立することは困難である。シナリオは存在しない。

様々なデータからトライ&エラーで意思決定に導く知的プラットフォームこそが、
生き残りをかけた企業の強力な武器となり得るのではないだろうか。

本書でMμgenの具体的な特徴をお読みいただき、貴社においてどのような効果と分析結果が得られるのかを検討すると共に、今後のデータ活用に関して、今一度見直すタイミングにもしていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]