編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

ホワイトペーパー

これからのデスクトップ仮想化は「クラウドホスト型」様々な構成例、コストを具体的に紹介

ヴイエムウェア株式会社 2017-12-11

デスクトップとアプリケーションの仮想化導入を進める際、クラウドサービスを利用する企業が増えている。独自のインフラを構築する必要がなく、専任のITスタッフを増員させる必要もないことが魅力となっている。

デスクトップ仮想化のメリットは、エンドユーザーの端末からの情報漏えい防止とモバイルワークの実践をスムーズに実現できることだ。大規模なユーザー数を抱える企業ならば社内構築することでメリットは向上するが、中小企業や数十名以下のスタッフで運営される営業所、支社などの拠点では、クラウドサービスを利用する方がメリットが大きい。

本ホワイトペーパーは、VMwareのクラウドホスト型仮想化サービス「Horizon Cloud with Hosted Infrastructure」を紹介したものだ。同サービスは機密性の高い基幹システムへのアクセス制限などの機能も備えており、多様なニーズに応えるものとなっている。同サービスの概要を解説するとともに、さまざまなタイプの構成例やコストを紹介し、社内構築した場合とのコスト比較も提示している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]