ホワイトペーパー

ビジネス/ITサービス部門のギャップを埋める「戦略的ポートフォリオ管理」、成功事例に学ぶ賢い活用法

ServiceNow Japan合同会社 2024-01-15

現在は、物事の不確実性が高く、急激な変化が起こる「VUCA」時代と呼ばれている。あらゆるビジネスの将来予測が困難な状況下でも成功する企業は存在し、それらの多くが過去の投資に対する価値実現を加速させながら、変化に迅速・柔軟に対応できる能力を備えている。
一方で、コミュニケーションやプロジェクトの予算やリソース、プロセスや変化対応への違いなどが原因となり、ビジネス部門とITサービス部門の間で意思や戦略のギャップが生じることもある。その解決策となるのが「戦略的ポートフォリオ管理(Strategic Portfolio Management:SPM)」だ。SPMは、組織がビジョンや目標を達成してリソースを最適化し、戦略的な成果を最大化できるアプローチである。成功企業の多くが、自社の成長にSPMを効果的に活用しているという。
この資料では、金融サービス業や通信会社などグローバルで成功を収めた企業がどのようにSPMを取り入れているのかについて、具体的な課題、導入メリットなどを交えて詳細に解説している。組織としてのビジネスへの柔軟性や俊敏性(アジリティ)を高めたい企業の一助となる内容となっている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパーカテゴリー

ビジネスアプリケーション

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]