ホワイトペーパー

「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

ソフトバンクコマース&サービス株式会社/ヴイエムウェア株式会社(働き方改革) 2017年10月18日

いま多くの企業が、長時間労働の是正や柔軟な働き方を可能にする環境整備といった働き方改革を推進している。そうした中、生産性の向上や人材確保につながる方策として取り組む企業が多いのが、モバイルワーク、在宅勤務、サテライトオフィス勤務などの「テレワーク」だ。

テレワークにより、時間と場所を有効に活用できる柔軟な働き方が可能となり、従業員のワーク・ライフ・バランス向上や通勤による疲労軽減などにつながる。また企業にとっても、生産性向上をはじめ、子育てや介護による離職の抑制による人材確保、災害発生時における事業継続性確保が期待できる。

では、テレワークは、ほんとうに生産性向上や人材確保につながるのか?

本資料では、「情報通信白書平成29年版」(総務省)のデータを紹介しながら、テレワークの効果や導入時の課題を紹介する。また、S社の事例を紹介しながら、テレワーク導入時に課題となる強固なセキュリティを確保しながら、ユーザーの利便性を損なわない柔軟な環境を構築するためのソリューションを紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)