ホワイトペーパー

AIとIoTで実現!カフェ難民、ランチ難民を救うバカンの空席情報サービス

日本マイクロソフト(Azure IoT) 2018年04月02日

相鉄グループと株式会社髙島屋は、横浜駅西口を次世代にふさわしい最先端の都市にするため「アクセラレーションプログラム」を開催し、ベンチャー企業と共に横浜駅西口の活性化に取り組んでいる。

 このプログラムに採択されたサービスの1つが、株式会社バカンが提供するIoTとAIを活用した空席情報サービスである。このサービスでは、その場に行かなくても、複数のレストラン・カフェの空席や行列の状況を、施設内のデジタルサイネージやモバイルでお客様が把握できる。

 すでに、ジョイナス横浜駅西口や髙島屋横浜店で導入されているほか、成田空港でも実証実験が行われている。

このサービスの誕生のきっかけ、採択した相鉄グループと髙島屋の狙いとサービスを支えるテクノロジーについて、キーマン3人のインタビューをまとめた。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]