編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

ホワイトペーパー

マルチクラウド時代、ユーザーに選ばれるSIベンダーになるには?

株式会社ネットワールド(VMware) 2020-02-14

マルチクラウドの導入が本格化するなか、ユーザー企業を支援するシステムインテグレーター(SIベンダー)にとって1つ課題が生じる。それは、パブリッククラウドは、どこのSIベンダーで購入しても品質は同じと考えるユーザーが多いため、SIベンダーは付加価値につながるサービス提供の差別化に苦労するということだ。

そんな中、世界中の多くのSIベンダーが採用し、サービス化しているのが「CloudHealth by VMware」(CloudHealth)である。CloudHealthは、プライベートクラウドやパブリッククラウドなど複数のパブリッククラウドを横断して、使用状況やコスト、性能、アセット、可用性、セキュリティを管理できる。マルチクラウドの2大課題であるコスト管理とセキュリティをしっかりとサポートしてくれるサービスだ。顧客に対してCloudHealthを提供するだけでなく、SIベンダー独自のサービスの一部として組み込むことも可能だ。

本資料は、SIベンダー向けに、CloudHealthの導入メリットを詳細に解説したものだ。自社のビジネスを広げるうえで大きな参考になるだろう。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]