編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

ホワイトペーパー

76%以上が「データ活用」に不満 データの価値を高める7つの要素とは

ドーモ株式会社 2020-07-15

デジタライゼーション時代においてビジネスを拡大するためには、「データ活用」はもはや避けられない。その一方で、データ活用について不満を感じている、もしくは課題を抱える企業も少なくない。では、その障壁とはいったい何なのだろうか。

そこで、ZDNet Japanでは企業におけるデータ活用の実態を調査すべく、Domoと共同でアンケート調査を行った。その結果、データ活用に不満を感じている企業は全体の76%にのぼり、その原因を探ったところ、「データの収集と整理」「可視化やレポートの自動化」「分散した社内データの一元管理」に課題があることが判明した。

またより詳しい要因を調査すると、データが事業部ごと、部課ごと、あるいは個々の社員ごとに分散して管理されており、活用に向けた収集や管理、前処理に多大な手間がかかっていることがわかった。さらに、データ活用に対する社内的な理解、いわば「データ活用の文化」が根付いていないことも、満足度を下げる要因になっていた。

満足度調査のほかにも本資料では、データドリブンな組織に変えるために必要な7つの要件を説明するとともに、Domoが提供するクラウド型BIプラットフォームの利点を解説している。データ活用の実態を知りたい方、データドリブン組織を実現したいとお考えの方は、ぜひご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  2. 運用管理

    ノーツを蘇らせた老舗メーカーの取り組み―Nomadの活用で働き方が変わり生産性・従業員満足度が向上

  3. 経営

    二人の先駆者が語る経営×IT--デジタル活用・DX推進のリーダーが握る企業競争力

  4. 経営

    3人の識者による金言・アドバイス--時代に負けない骨太な組織作りへの道

  5. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]