編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

ホワイトペーパー

DX推進の障壁、既存データウェアハウスの限界を超えるクラウド型統合基盤の実力とは?

Snowflake 株式会社 2020-09-03

多くの企業が取り組んでいる「デジタルトランスフォーメーション」(DX)。その中でも、企業が保有するデジタルデータがビジネス成長のドライバーになると期待されている。膨大かつ多様なデータから有用な洞察を導いて活用することで、新しい顧客を引きつけて
適切な意思決定を下し、事業強化にもつながる。

そうした状況下で、複数システムから必要なデータを収集し、目的別に再構成する情報の統合基盤「データウェアハウス(DWH)」の重要性が増している。しかし、既存のアーキテクチャ型データウェアハウスの限界が指摘され、幾つかの課題が浮き彫りとなっている。

以下の資料では、従来型データウェアハウスが抱える課題を解決できる、クラウド技術を活用した次世代型データウェアハウス基盤に注目。データウェアハウスの変遷やクラウド型基盤の活用メリットなどを紹介するとともに、IT部門が今後データウェアハウスを導入するにあたり、気をつけるべきポイントを解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]