編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

ホワイトペーパー

サードパーティーCookie廃止後はデータクリーンルーム活用へ、広告効果を高めるプラットフォームとは

Snowflake 株式会社 2022-02-18

企業のマーケティング担当幹部は、広告に費やしたコストのROIを示すように指示されている。そのためにサードパーティーCookieを利用する必要があるが、いまオンラインプライバシーに関する消費者の懸念が高まっていることで、廃止への動きが決定的になっている。そのため、マーケターやパブリッシャーなどは直接的な消費者データリレーションシップの強化に注力しているのが実状だ。そこで、マーケターがプライバシーを保護しながら、ユーザーや顧客から直接収集するデータを取り扱い、高度なオーディエンスセグメンテーション、ターゲティング、機械学習を利用した分析を実施するために、登場したのが「データクリーンルーム」である。この資料では、マーケターとパブリッシャーが、特にSnowflakeが提供するデータクリーンルームを利用する理由を詳しく解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]