編集部からのお知らせ
特集まとめ:高まるCISOの重要性

ホワイトペーパー

HCIを活用した基幹システムのバックアップの実用性ー日立による検証結果と有用性の解説

ニュータニックス・ジャパン合同会社/株式会社日立製作所 2020-12-11

DXの推進などにより、企業のITシステムでは、従来の堅牢性や可用性だけでなく、ビジネススピードに追従できる俊敏性や柔軟性も求められている。そのためパブリッククラウドやHCIなど新しいITプラットフォームが注目を集めている。特に基幹システムにおいてHCIを採用する企業が増えているが、複雑化するシステムバックアップに課題を抱えることがある。

本資料では、そうした企業ITシステムの課題に対し、日立製作所が行った実証の結果と考察をまとめたものだ。その実証の内容は、Veeam Backup & Replication(以下、Veeamと略称)を使用してHCI仮想環境、Oracleデータベースなど複数の基幹システム環境に対してバックアップを実施するといったものだ。

資料の中では、フルバックアップ実行時間などの貴重なデータも含まれているほか、Oracle データベースにはエージェントなしVeeamのプラグインを使用し、RMANと連携する仕組みでバックアップが実現できるため、その実現の仕組みや機能の説明、さらには総評として、本取り組みの実用性や有用性を解説している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]